KNT−CTホールディングスのグループ企業である近畿日本ツーリスト個人旅行株式会社

近畿日本ツーリスト個人旅行株式会社はKNT−CTホールディングスのグループ企業のひとつで、KNT−CTホールディングスが100%出資しています。日経:KNT−CTホールディングス

つい3年くらい前までは、近畿日本ツーリストという会社だけが存在している印象で、近畿日本ツーリスト個人旅行株式会社といってもピンとこない人も多いことでしょう。以前は近畿日本ツーリストという会社がひとつあって、その支店が各地にあって、基本的にはその支店の中で、個人旅行も団体旅行も、国内旅行も海外旅行も扱っているというイメージだったのですが、平成25年にその体制が大きく変わりました。

近畿日本ツーリストはクラブツーリズムという別の会社と経営統合して、KNT−CTホールディングスという企業名になりました。その中に、グループ会社として、国内旅行会社もあり、海外旅行会社もある、という組織編成になったようです。海外旅行会社は、米国、中国、カナダ、オセアニアなど海外に8社あります。国内旅行会社には、団体旅行を中心とした近畿日本ツーリスト株式会社と個人旅行を中心とした近畿日本ツーリスト個人旅行株式会社、そしてメディア型旅行会社であるクラブツーリズム株式会社の3つがある、という構図になっています。

 

株価を考えるときは、9726KNT−CTホールディングス(株)を見ることになります。近畿日本ツーリスト個人旅行株式会社はこの会社の一翼を担っているという構図で、100%出資されているわけですから。ここは単元株数が1000株で、2016年の高値が1月4日の236円で、そのあとは低迷しています。

もともと旅行業界は、薄利多売の世界で利益率はあまり高くありませんし、インターネットの普及で旅行を自己手配する人も増えていますので、その点からはそれほどの成長産業ではない気がしますが、グローバル化が進み、人々はますます気軽に移動するようにもなっていますので、需要はそこそこあると見ます。

外的要因による影響をいかにプラスに持っていけるかが鍵、株式会社 世界紀行

株式会社 世界紀行のような海外旅行を扱う会社の株価は、社会経済状況に影響されやすいことが特徴となります。景気が良くなれば旅行者は増えますし、特に海外旅行は景気の良し悪しで増減します。

そのひとつの指標となる日経平均株価との連動率は非常に高いと言えます。日経平均株価は世界経済の動向も反映させるので、潜在的な海外旅行の需要も予測できることになります。さらに海外旅行は為替変動の影響を大きく受けることでも知られています。円高となれば安い費用で旅行できることになりますし、逆に円安となれば国内旅行が増えることになります。

 

しばらく続いた円高が円安傾向となっていますが、景気は回復したことにより海外旅行は安定して増えてきています。けれどももうひとつ、株価が影響を受ける要因として地政学的リスクがあります。テロの発生が増えていることにより、国によっては危険な地域も目立つようになってきています。ヨーロッパでもテロの対象となる国が増えていることにより、旅行会社はツアーの行先を精査する必要が出てきています。その企画によっても、株価は変動します。

そして株価が順調に推移している理由として、格安航空会社の増加があります。安い料金で海外へ行けるようになったことにより、利用者は増加して株の価格もそれに合わせて高く推移しています。ただし、旅客機に事故が発生するような事態が起きると、すぐに株価に反映されます。

 

このように株式会社 世界紀行のような会社は外的要因で株の価格は増減することになります。ただし基本的に世界経済の動向に歩調を合わせるようになります。航空会社は低価格化が進んでいるので、その点から基本的には順調に推移する傾向が続いています。旅行先も時代の流れによって変わりますが、海外への関心も基本的に高いものです。様々な要因によって一時的に下落する場面はあるとしても、自律反発する性質を持っていると言えます。その点では長期保有に向いているものとなります。

今後の伸びに期待できる株式会社ユーラシア旅行社

株式会社ユーラシア旅行社は、顧客のニーズに合わせた海外個人旅行などを手掛けている会社です。その株式は東証ジャスダック市場に上場されており、一般の投資家が自由に取引できます。日経:株式会社ユーラシア旅行社

 

今から10年前の2006年半ばごろ、株式会社ユーラシア旅行社の株価は30万円前後でした。これ以降、同社の株価は下落傾向で推移してゆき、2008年には5万円前後にまで下落してしまいました。現在でもこの水準での値動きが続いています。

なお、株式会社ユーラシア旅行社は、2014年3月27日に1:100の株式分割を実施しています。見た目の株価が100分の1に(1株5万円が500円に)なりましたが、これまでは1株単位だった売買が100株単位に変更されただけなので、株式の価値そのものには影響はありません。

 

では、最近1年間の株価推移に注目しましょう。2015年6月上旬、同社の株価は570円前後でした。その後、緩やかな下落基調が続いています。2015年の最終日には517円という終値を付け、この年の取引を終了しました。それから半年ほど経過した6月8日現在では494円となっています。しかし、下落ばかりを続けてきたわけではなく、時には大きく上昇した場面もありました。

例えば、2016年3月の半ばには540円台を回復しています。この背景の1つには、ここ数か月間つづいてきた円高進行があるようです。円高になれば、米ドルなどの海外通貨が安くなりますから、海外旅行者には嬉しい話である、というわけです。これは海外旅行者の増加期待につながり、海外旅行会社の株も高くなります。ゴールデンウィークという最大の行楽シーズンを控えたこの時期、そのような期待はさらに高まり、株価に良い影響を与えました。

 

とはいえ、良い話ばかりではありません。旅行会社に限らず、どの会社にも「決算」というものがあります。決算発表がなされると、その会社の業績が明らかになります。2016年4月下旬、株式会社ユーラシア旅行社については、業績予想の大幅な下方修正が報じられました。円高局面においても株価が伸び悩んでいる背景には、こうした事情があるようです。

円高をも、ものともしない株式会社エス・ティー・ワールド

格安の海外旅行を取り扱う旅行代理店は、為替や景気の動向にかかわらず安定した業績となることが期待できます。株式会社エス・ティー・ワールドは、29ヶ国の37都市を取り扱う、海外旅行に強い中堅の旅行代理店です。

東日本大震災が発生し、1ドル70円台という極端な円高局面であった2011年も、株式会社エス・ティー・ワールドは2010年の180億円を上回る188億円の売上を記録しました。その後も売上高は成長し続け、2014年には200億円の大台を突破しました。扱う海外旅行の安さのみならず、オプションとサポートが充実しており、ウェブサイト上で積極的に情報発信していることも消費者に評価されています。

株式会社エス・ティー・ワールドは未上場ですから、株価の値動きはありません。ただし、今後上場した場合は株価が安定的に推移することが予想できます。株式会社エス・ティー・ワールドの事業と、上場している同業他社の株価を参考にしてみましょう。

テレビCMやインターネット広告を積極的に出稿している中堅旅行代理店は、2007年1月時点の株価がおよそ1,500円でした。2007年後半の金融危機を受けて株価は一時1,000円を割り込みましたが、大きく下落することはなく、自然災害や急激な円高が起きても緩やかな上昇を続けています。円安に転じた2013年以降は大きく値上がりしており、2015年1月には4,000円を超えました。その後は再び下落していますが、根強い海外旅行需要がある限りは一定水準で安定することが予想されます。

株式会社エス・ティー・ワールドが上場した場合も、株価は同様に推移すると考えられます。つまり、景気の減速局面でも値崩れしにくく、円安によって海外旅行需要が高まれば、さらなる値上がりを期待できるのです。

また、格安海外旅行を提供するだけに留まらないことが、株式会社エス・ティー・ワールドの強みです。都内の会場で写真教室やリゾートの選び方教室といった、海外旅行に役立つ講座を設けて顧客ニーズに対応していることも、株式会社エス・ティー・ワールドの株価を安定させる要因となります。

非上場の株式会社 ジェイティービー

株式会社 ジェイティービー」は大手の旅行会社の一社で日本では最大規模を誇り、海外でも存在感がある旅行会社です。その前身は財団法人の日本交通公社の営業部門で、それを分離し完全民営化として「株式会社 ジェイティービー」が誕生し、現在まで営業されています。

1963年に誕生した企業であり、徐々に海外旅行も手掛けるなどして知名度もアップし、学生の人気企業の上位に必ず顔を出すほど評判です。特に海外旅行に強みがあり、欧米諸国から近年はASEANやBRICSなどといった新興国まで事業を拡大しています。

事業内容としては旅行の企画から始め、それをクーポン化して販売する形態があり、飛行機や電車を活用してセットになったプランを提案してくれることで人々の旅行計画にも貢献する企業となります。ただ「株式会社 ジェイティービー」は事業規模も大きいため、本来は上場していも良い企業ですが、現在のところ株式市場には非上場の会社となっています。

そのため、将来は「ゆうちょ」などと同じ様に上場される可能性も当然あり、上場が決定すれば株式業界でも話題の出来事としても注目される可能性があります。上場する場合、IPOで扱われますが、元々、知名度や評判もあるため人気になり、株価の初値もいきなり高値を記録するはずです。

ちなみにIPOで入手するケースでは、あらかじめ抽選に当選しなければならず、その競争率も激しくなります。しかし抽選で運よく入手できた場合には、初値で高値を付け勢いがあればそのまま上昇し続ける場合もあります。よって「株式会社 ジェイティービー」は、株式投資を行っている人にとっては、一獲千金のチャンスもある必ず欲しい銘柄の一つになります。

株式市場に上場すれば日々の株価が公開されますので、証券会社やヤフーなどの株式板などで毎日株価を確認することが可能です。現在の構成している株主には、大元の日本交通公社を始め鉄道会社であるJR、三菱・みずほ・三井住友といった大手都市銀行、日本航空や全日空などの航空会社で構成されおり、そういった株主が四季報にも表記されると考えられます。

【株式会社 旅工房】では株式投資のための情報を提供している

株式会社 旅工房は1994年に創業した、旅行提案の会社です。トラベル・コンシェルジェとして、真に求められる旅行の提案をしています。株式会社 旅工房には仕事柄、海外旅行会社の株価情報が入ってきます。その株価情報を、初心者に分かりやすく紹介してくれています。

株式投資は、初心者には取っ付き辛いものです。かといって金融関係者の投資情報を鵜呑みにしても、長期的にみたら儲かるとは限りません。初心者にとっては、実践で学習しながら無理のない投資が出来る環境が大切です。
株式会社 旅工房の株価情報では、株式投資の基礎知識はもちろん、実際の株式を交えて儲かる投資の考え方を開設してくれています。

初心者はどういう考えで投資したらいいのかが、ぶれがちです。そして、何に投資したら良いのか迷いがちです。
株式会社 旅工房では、具体的な銘柄を例に出して長期的に儲かる投資の手法を解説してくれています。
まずは教えられた銘柄の値動きが、提唱されている投資手法に合致するのか、追ってみると株式投資の理解が深まります。
納得すれば、許容できる範囲で投資してみても良いでしょう。

初心者の中には、投資手法を研究するよりも、素早く投資を始めたい人も、多々いるでしょう。
株式会社 旅工房では、そんな人の要望に沿った方法も用意されています。
初心者必見の株取引サービスとして、3つの方法が提唱されています。
どれも投資の方法として、小額から始められる上にリスクも小さく始められます。
読んでみると納得できる方法です。

初心者にとっては、どの証券会社で始めるかを決めるのも、案外大変なものです。
株式会社 旅工房では、各証券会社の特徴を分かりやすく表にまとめてくれてますので、助かります。
それに加えて、初心者が確実に利益を出すという点を重視して、証券会社をランキングしてくれています。
どちらも分かりやすくまとめられてますので、証券会社選びもはかどります。
初心者が最初の1歩を踏み出す情報サイト、それが株式会社 旅工房の海外旅行者の株価情報分析サイトなのです。